Finish 素材へのこだわり

Wood

温もりある無垢の木は、年が経つにつれ味わいがまして美しくなります。また、新しい木材を古く魅せるエイジング加工や何十年もの歴史が刻まれた柱や梁の古材を用いたりと懐かしさを感じる新築住宅も人気です。

Maman Wall

ママンウォール

炭酸カルシウムを主原料とし、様々なミネラルを配合して作られた天然素材の塗り壁材。ビニールクロスにはない天然の風合いは、ナチュラルなお部屋の演出にはかかせません。


Sto Lotusan

Sto ロータソン


外壁の仕上げとして人気の高いStoの塗り壁材。クラックしにくい美しい塗り壁材です。仕上げ塗料のStoロータソンは、汚れに強く、カメレオンも驚きの900色から選ます。

Paint

ペイント


昨今の住宅の屋内の壁は、白ばかり。欧米の住宅では、アクセントカラー、部屋毎に雰囲気を変えて楽しむペイントが人気。イギリス生まれのファロー&ボールで大胆にカラーを楽しみましょう。


Structure  構造へのこだわり

ベタ基礎構造

基礎全面から立ち上がり部まで配筋を施したベタ基礎を標準としています。土台を支える外周部立ち上がり幅を150mmとし、強い剛性と高耐久性を実現しました。また、床下換気や湿気対策も万全です。

2×4工法

北米の木造工法。 使用される木材の断面サイズが主に2インチ×4インチの構造材を用いていることから、ツーバイフォーと呼ばれています。耐震性・耐火性・断熱気密性・省エネ性に優れています。


在来軸組工法

柱・梁・筋交いに木の軸を組む日本古来の工法。耐震構造を考慮したコア構造は、横架材や耐力壁をバランスよく配置し、建物の重量が均等に分散し、台風や地震に強い家が造られます。

ログ工法

北欧や北米から直輸入した構造材を用いたログハウス。丸太を積みあげる「フルログ」、柱と梁に丸太を使う「ポスト&ビーム」の2種類の工法があります。木は生きもの、メンテは必要ですが、とても愛着のわく建物です。